ファンドラップの新しい形!ロボアドバイザーを活用しよう

ファンドラップのデメリットを解決

ファンドラップの新しい方法として広がってきているのがロボアドバイザーの活用です。ファンドラップは一任型の投資商品であり、証券会社のスタッフによってポートフォリオを提案してもらい、それに従ってファンドに分散投資するという仕組みが基本になっています。しかし、そのためにかかるファンドラップフィーが高いことがデメリットとして利用を断念する人が多かったのが事実です。安心して信頼性の高いポートフォリオでの運用ができるのが魅力であっても、その利益がファンドラップフィーで目減りしてしまうのが懸念材料になっていました。しかし、ロボアドバイザーの導入によって人件費を削減することに成功し、破格のファンドラップフィーでファンドラップを利用できるようになっています。

ロボアドバイザーの仕組みを理解

ロボアドバイザーはポートフォリオを定めるのもリバランスを行うのもAIによって行う仕組みになっています。ITの発展の影響によって利用できるようになった自動化のシステムであり、いくつかの質問に答えるだけで最適なポートフォリオを提案してもらえるのが特徴です。それに納得して資産を投入すれば、ファンドラップと同様にしてリバランスを行ってもらえます。それが自動化されているので投資会社のスタッフがうっかり忘れてしまったというようなリスクは全くありません。常に最適なポートフォリオを保ってくれるので、安心して運用できる方法として活用すると良いでしょう。ファンドラップの新しい形として魅力があります。

jリートのファンドは多くの投資家から集めた資金で不動産を購入し、賃貸収入や売却益などの収益を投資家に分配する投資信託の一種です。