未経験でも介護の資格がとれる「実務者研修」

実務者研修は実践的な技術と知識が学べます

実務者研修は、介護が未経験でも介護の資格を持っていなくても受講できる研修です。資格のない人は450時間の研修になりますが、旧ホームヘルパーの資格のある人や介護職員基礎研修を終了している人は受講する科目が免除され、さらに短期間の受講で終了することが可能です。受講内容は「人間の尊厳と自立」 「社会の理解 」「介護の基本 」など、介護の現場に必要な基本的な内容から、より専門的で実践的な技術と知識を学びます。さらに「たん吸引」や「経管栄養」などの医療的なケアの研修もあります。

実務者研修を受講するメリット

高齢化が進んでいることもあり、訪問介護のサービスを行うところが増えてきています。訪問介護の事業所では「サービス提供責任者」の設置が必要です。介護福祉士の有資格者か実務者研修を終了した人でなければ「サービス提供責任者」になることはできません。そのため、実務者研修を修了していれば訪問介護の事業所への就職が有利になり、手当も加算されるというメリットがあります。実務者研修を修了していれば、3年の実務経験を経たのちに介護福祉士の受験資格も得られ更なるステップアップが望めます。実務者研修は「介護過程III 」「医療的ケア」は通学による受講になりますが、それ以外の科目は通信でも学ぶことができるため、働きながら受講するとこも可能です。介護業界で働きたい方、質の高い介護を学びたい方や介護のプロである介護福祉士を目指す方は実務者研修を受講することをおすすめします。

実務者研修とは、よりよい介護サービスを提供するために必要な、実践的な知識や技術の習得を目的とした研修のことです。