社員研修は人材を育成するだけでなく、人間関係も構築する!?

人材育成にもってこいのマネジメントゲーム

入社してすぐに行われる社員研修でマネジメントゲームを行う会社が増えています。マネジメントゲームとは、新入社員が卓を囲み、自分たちが経営者になったつもりでシミュレーションをしてどれだけの利益を出せたかを勝負するゲームです。まず、資本金300万円を持って会社を創立します。人件費、材料費、商売販売など自分の考えたタイミングで費用を捻出し、また投資などを行っていきます。同じ資本金からスタートをしても、赤字で最後は手が回らなくなってしまう人や、黒字を出してどんどんと利益が出る人など様々です。同じ卓の人達と競い合うことでやる気が出るだけでなく、色々と話し合っていく中で親睦も深めることができます。話を聞いているだけだと頭に入らないこともありますが、実際にゲームをすることで経営についての知識を深めることができ、また社会の仕組みも知ることができます。

苦楽を共にする為仲間意識が強くなる!

社員研修は楽しいことばかりでなく、時に怒られたりと辛い経験をすることもあります。そんな時に、共に楽しいことや辛いことを経験している同期とは絆が深まります。社員研修の期間で毎日顔を合わせ、どんどんと仲良くなっていきます。研修が終わり、仕事が始まると勤務地が発表され同期とバラバラになる会社が多くあります。そんな時も連絡を取り合い辛い時には同期と話すことで仕事の辛さを乗り越えることができます。社会人を続けていく中で同期の存在はとても大きな支えになります。社員研修はスキルアップをするだけでなく、同期の絆を深めることができるのも大きな利点です。

mg研修は経営者育成研修であり、有名企業の経営者も注目しています。何度も繰り返し受講することでスキルアップしていく仕組みです。