デザイナーを目指すなら専門学校に行くべき?

独学が難しいなら専門学校へ行こう

専門学校へ行った方がいいのか、もしくは独学で勉強した方がいいのかという疑問はどんな分野でも起こりえるものです。しかし、果たして自分が目指す分野が独学で習得できそうかを考えてみてください。技術や手法が確立している昨今ではすべて独学で学ぶことは難しいといえるでしょう。特に、デザイナーを志すのであれば専門学校に通った方が、さまざまな技術を基礎から学べるので効率的です。デザイナーといってもいろいろな分野があり、パソコンで専用ソフトを用いてのデザインが当たり前の仕事も多いです。デザインのテクニックプラスアルファで、業界で使っているパソコンソフトや媒体についての使い方も学ぶのであれば、専門学校でないと難しいといえます。

その分野のプロからの直接指導が受けられる

デザイン系の専門学校へ行くのであれば、その分野のプロフェッショナルからデザインについて学ぶことができます。実際に第一線で活躍している人の考え方を共有したり、手法を学んだりすることはデザイナーを志す人にとっては非常に有益です。こういった機会を得ることは、ツテやコネがある専門学校でないと難しいといえるでしょう。

仲間と切磋琢磨できる環境

専門学校に入るメリットとして優秀な講師陣による指導が受けられるということが第一に上げられますが、その他にも自分と同じようにこれからデザイナーを目指して頑張ろうとしている人たちと出会えるということも大きなアドバンテージです。ライバルや仲間達と技術や知識を共有し、切磋琢磨することで、モチベーションを保ちつつ、自らの力量を客観的に見ることができます。

いかがでしたでしょうか?これからデザイナーを目指す人は、質の高い専門学校への入学を検討してみてください。

服飾の専門学校では、服飾やアパレル関係の専門知識を身に着けることができます。デザインから裁縫まで自分の目指す道に合わせたカリキュラムを選べます。